image 3 - スタバない国はどこ?マックない国はどこ?スターバックス・マックの多い国はどこ?

広告 雑学

スタバない国はどこ?マックない国はどこ?スターバックス・マックの多い国はどこ?

世界中で見かけるスターバックスとマクドナルド。

これらのグローバルなカフェとファストフードチェーンは、多くの国々でその存在感を放っています。

しかし、驚くべきことに、スタバやマックを見つけることができない国も存在します。

一方で、これらのブランドが特に密集している国もあります。

この記事では、スターバックスやマクドナルドが存在しない珍しい国々、そしてこれらが特に多い国々に焦点を当て、その理由や背景について探求します。

世界地図上でのこれらの有名なチェーンの分布を通じて、グローバル化の現象と地域的な特色を考察します

スタバがない国はどこ?なぜないの?

image 3 300x300 - スタバない国はどこ?マックない国はどこ?スターバックス・マックの多い国はどこ?

では、スタバがない国をご紹介します。実は結構多いでの、全てはご紹介できませんが、一部ご紹介しますね!

スタバがない国を一部紹介します。

2023年現在、スターバックスは世界約80の国と地域に約3万店舗を展開しています。しかし、意外なことに、まだ進出していない国もたくさんあります。

スタバがない主な国・地域

  • アフリカ:ベナン、ブルキナファソ、中央アフリカ共和国、チャド、コンゴ共和国、エリトリア、ガンビア、ギニアビサウ、リベリア、サントメ・プリンシペ、ソマリア、南スーダン、スーダン
  • アジア:ブータン、ラオス、ミャンマー、タジキスタン、トルクメニスタン
  • ヨーロッパ:ベラルーシ
  • オセアニア:キリバス、ミクロネシア、ナウル、パプアニューギニア、ソロモン諸島、ツバル

スタバ撤退国

  • アイスランド(2008年撤退)
  • チェコ(2003年撤退)
  • ニュージーランド(2009年撤退)
  • イスラエル(2003年撤退)
  • オーストラリア(2018年撤退)

スタバがない理由

これらの国・地域にスタバがない理由は様々です。

  • 市場規模が小さい
  • コーヒー文化が根付いていない
  • 競合が多い
  • 政治的な問題

など

今後、スタバがこれらの国・地域に進出する可能性ももちろんあります。

スタバがオーストラリアから撤退した理由

スターバックスは2018年7月、オーストラリアから完全撤退しました。撤退理由は複合的ですが、主に以下の4点が挙げられます。

1. 競争激化

オーストラリアには、すでに多くのカフェチェーンが存在しており、競争が非常に激しい市場でした。

2. 高価格帯

スタバのコーヒーは、オーストラリアの一般的なカフェと比べて価格帯が高く、顧客層が限られていました。

3. 嗜好の違い

オーストラリア人は、エスプレッソベースのコーヒーを好む傾向があり、スタバのアメリカンコーヒーはあまり人気がありませんでした。

4. 運営コスト

オーストラリアの人件費や賃料は高く、店舗運営コストが負担になっていました。

これらの理由により、スタバはオーストラリア市場で成功することができず、撤退を決断したと考えられます。

マクドナルドがない国はどこ?なぜないの?

image 4 300x300 - スタバない国はどこ?マックない国はどこ?スターバックス・マックの多い国はどこ?

マクドナルドがない国:意外と少ない?

2023年現在、マクドナルドは世界100以上の国と地域に約3万9000店舗を展開しており、世界で最も店舗数が多い外食チェーンです。しかし、意外なことに、まだ進出していない国もいくつかあります。

マクドナルドがない主な国

  • アフリカ:エリトリア、サントメ・プリンシペ
  • アジア:ブータン、タジキスタン、トルクメニスタン
  • ヨーロッパ:アイスランド
  • オセアニア:キリバス、ミクロネシア、ナウル、パプアニューギニア、ソロモン諸島、ツバル

かつてマクドナルドがあったが撤退した国

かつてマクドナルドがあったが、現在は撤退している国もあります。

  • ボリビア(2019年撤退)
  • アイスランド(2009年撤退)
  • チェコ(2003年撤退)
  • ニュージーランド(1997年撤退)
  • キューバ(1997年撤退)

これらの国・地域から撤退した理由は、経営不振や競争激化などが主な理由です。

マクドナルドがない理由

これらの国・地域にマクドナルドがない理由は様々です。

  • 市場規模が小さい
  • 宗教的な理由
  • 政治的な問題
  • 競合が多い

など

近年は、マクドナルドがこれらの国・地域への進出を検討しているというニュースも聞かれます。

日本でスタバがない都道府県は?

image 5 300x300 - スタバない国はどこ?マックない国はどこ?スターバックス・マックの多い国はどこ?

2023年12月現在、日本でスターバックスがない都道府県はありません。2015年5月23日に鳥取県に1号店が開店し、47都道府県すべてに店舗が展開されました。

日本でマクドナルがない都道府県は?

2023年12月現在、日本でマクドナルドがない都道府県はありません。47都道府県すべてに店舗が存在し、全都道府県制覇を達成したのは1998年です。

かつてマクドナルドがあったが撤退して再進出した都道府県

過去には、マクドナルドがあったが撤退した都道府県もいくつかあります。

  • 鳥取県(1998年撤退、2015年再進出)
  • 島根県(1998年撤退、2015年再進出)
  • 徳島県(1998年撤退、2018年再進出)
  • 高知県(1998年撤退、2019年再進出)

これらの都道府県は、人口規模や競争環境などの理由から撤退を余儀なくされましたが、近年は再進出するケースも見られるようになっています。

スタバが多い国は?

image 6 300x300 - スタバない国はどこ?マックない国はどこ?スターバックス・マックの多い国はどこ?

2023年12月現在、スターバックスの店舗数が最も多い国は以下の通りです。

1位:アメリカ(約1万5000店舗)

スターバックスはアメリカ発祥のコーヒーチェーンなので、店舗数が最も多いのは当然と言えるでしょう。

2位:中国(約5700店舗)

中国は近年、経済成長著しく、コーヒー市場も拡大しています。スターバックスも積極的に中国市場に参入しており、今後も店舗数の増加が見込まれます。

3位:カナダ(約1800店舗)

カナダは人口規模は小さいですが、コーヒー文化が根付いており、スターバックスも人気です。

4位:日本(約1400店舗)

日本はアジア市場で最も店舗数が多く、スターバックスにとって重要な市場の一つです。

5位:韓国(約1000店舗)

韓国もコーヒー文化が根付いており、スターバックスも人気です。

人口1人当たりの店舗数が多い国

店舗数だけでなく、人口1人当たりの店舗数で見ると、以下の国が上位になります。

1位:カナダ

2位:アメリカ

3位:スイス

4位:ノルウェー

5位:デンマーク

これらの国は、人口規模は小さいながらも、コーヒー文化が根付いており、スターバックスも人気です。

マクドナルドが多い国は?

image 7 300x300 - スタバない国はどこ?マックない国はどこ?スターバックス・マックの多い国はどこ?

2023年12月現在、マクドナルドの店舗数が最も多い国は以下の通りです。

1位:アメリカ(約1万3000店舗)

マクドナルドはアメリカ発祥のハンバーガーチェーンなので、店舗数が最も多いのは当然と言えるでしょう。

2位:中国(約3700店舗)

中国は近年、経済成長著しく、ハンバーガー市場も拡大しています。マクドナルドも積極的に中国市場に参入しており、今後も店舗数の増加が見込まれます。

3位:日本(約2900店舗)

日本はアジア市場で最も店舗数が多く、マクドナルドにとって重要な市場の一つです。

4位:ドイツ(約1200店舗)

ドイツはヨーロッパ市場で最も店舗数が多く、マクドナルドにとって重要な市場の一つです。

5位:フランス(約1200店舗)

フランスもヨーロッパ市場で重要な市場の一つであり、マクドナルドも多く存在します。

人口1人当たりの店舗数が多い国

店舗数だけでなく、人口1人当たりの店舗数で見ると、以下の国が上位になります。

1位:アメリカ

2位:グアム

3位:プエルトリコ

4位:アイスランド

5位:イスラエル

これらの国は、人口規模は小さいながらも、マクドナルドが多く存在します。

スタバない国はどこ?マックない国はどこ?スターバックス・マックの多い国はどこ?まとめ

image 3 300x300 - スタバない国はどこ?マックない国はどこ?スターバックス・マックの多い国はどこ?

スターバックスとマクドナルドの存在有無は、単にコーヒーやハンバーガーを楽しむ場所の問題を超えて、グローバル化の影響や地域ごとの文化的独自性を映し出しています。

これらのチェーンがない国々の背景には、経済的、政治的、文化的な理由が複雑に絡み合っていることが多いです。

一方で、これらが特に多い国々では、グローバルブランドの受容性や市場の魅力が示されています。

私たちはグローバルな接続性と地域的独立性のバランスを見つめ直す機会を得ることができます。

世界中のスターバックスとマクドナルドの分布は、私たちが住む地球の多様性と一体感の象徴です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-雑学
-