image 34 - paycheckとpayrollってどこが違うの?違いをわかりやすく解説します!

広告 雑学

paycheckとpayrollってどこが違うの?違いをわかりやすく解説します!

paycheckとpayroll、あなたは違いを正しく理解していますか?

給与に関わる重要な単語である「paycheck」と「payroll」。一見同じ意味のように思えますが、実はそれぞれ異なる意味を持っています。

この記事では、paycheckとpayrollの具体的な違いをわかりやすく解説します。ぜひ最後までご覧ください。

今月の給与明細を見て、あれ?と思ったあなた、きっとこの解説でスッキリ理解できるはずです!

paycheckとpayrollってどこが違うの?違いをわかりやすく解説します!

image 35 300x300 - paycheckとpayrollってどこが違うの?違いをわかりやすく解説します!

 

paycheckとpayroll、スッキリ理解しましょう!

paycheckpayrollは、どちらも給与に関わる重要な単語ですが、実はそれぞれ異なる意味を持っています。

1. paycheck:

従業員が実際に受け取る給与のことです。日本語では給与明細給与手当と呼ばれます。具体的には、働いた時間や給与単価に基づいて計算された基本給残業代各種手当などを含めた支給額が記載されています。

2. payroll:

企業が従業員に支払う給与の総額のことです。日本語では給与支払給与計算と呼ばれます。具体的には、従業員一人ひとりの給与だけでなく、社会保険料雇用保険料などの控除額も含めた総額を表します。

わかりやすく例えると

  • paycheckは、個々の従業員に渡される給与明細(小切手)
  • payrollは、会社全体で計算される給与総額

イメージとしては

  • paycheckは、従業員が受け取るお金
  • payrollは、会社が支払うお金

このように、paycheckとpayrollは視点が異なっています。

さらに

  • paycheckは、毎月発行されます。
  • payrollは、毎月計算されますが、年に数回まとめて支払われることもあります。

給与明細の見方

給与明細には、paycheckに含まれる支給額控除額が詳しく記載されています。具体的には、以下のような項目があります。

  • 基本給
  • 残業代
  • 各種手当
  • 社会保険料
  • 雇用保険料
  • 所得税
  • 住民税

給与計算の仕組み

給与計算は、勤怠情報給与単価に基づいて行われます。具体的には、以下のような手順で計算されます。

  1. 従業員の出勤日数勤務時間を記録する。
  2. 基本給残業代などの給与単価を適用する。
  3. 各種手当を加算する。
  4. 社会保険料雇用保険料などの控除額を差し引く。
  5. 支給額を計算する。

paycheckとpayrollってどこが違うの?まとめ

image 36 300x300 - paycheckとpayrollってどこが違うの?違いをわかりやすく解説します!

 

paycheckpayrollは、どちらも給与に関わる重要な単語ですが、視点意味が異なることを理解しましょう。

この解説記事を参考に、

  • paycheckpayrollを正しく使い分け
  • 給与明細を正確に読み
  • 給与計算の仕組みを理解

してみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-雑学
-