d5a77972d9b92bb46ca2ec9a3bf2128f e1714140605168 - 鼎(県に似た漢字)とは?鼎(県に似た漢字)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

鼎(県に似た漢字)とは?鼎(県に似た漢字)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

鼎(県に似た漢字)とは?

鼎(かなえ)は、古代中国で使われていた三本足の金属製容器を指します。主に煮物に使われ、王侯の祭器や礼器として重用されていました。その重要性から、王位の象徴としても使われるようになりました。

鼎(県に似た漢字)読み方(音読みと訓読み)は?

  • 音読み:テイ(漢音)
  • 訓読み:かなえ

鼎(県に似た漢字)意味は?

鼎には主に以下の4つの意味があります。

  1. 古代中国で使われていた三本足の金属製容器
  2. 王位
  3. 三者が向き合って並ぶこと
  4. 三公(古代中国の最高位の高官)

鼎(県に似た漢字)成り立ちは?

鼎は、(よう)が組み合わさった漢字です。

  • :金属を表す部首
  • :本来は容器を支える台座を表す字ですが、鼎の場合は省略形として使われています。

鼎(県に似た漢字)つかわれている言葉一覧

  • 鼎足(ていそく):鼎の三本の足になぞらえて、三者が互いに支え合う様子を表す言葉。
  • 鼎俎(ていそ):祭祀の際に供える供物と器。
  • 鼎談(ていだん):三人以上の者がそれぞれの意見を述べ合うこと。
  • 鼎立(ていりつ):三者が互いに競い合い、拮抗している様子を表す言葉。
  • 鼎盛(ていせい):最も栄えている様子を表す言葉。
  • 鼎新革故(ていしんかくこ):古いものを捨てて新しいものを取り入れること。
  • 鼎祚(ていそ):王位が受け継がれること。

鼎(県に似た漢字)を使った例文

  • 三人の専門家が鼎談を繰り広げ、活発な議論を展開した。
  • 新興企業が台頭し、既存企業と鼎立する構図が形成されつつある。
  • 彼の時代は、日本の文化が最も鼎盛を極めた時期だった。
  • 企業は、常に鼎新革故を図り、競争力を維持する必要がある。
  • 王朝は、何代にもわたって鼎祚が続いた。

鼎(県に似た漢字)とは?鼎(県に似た漢字)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文もまとめ

鼎は、古代中国から伝わる漢字で、王位や三者が並ぶ様子などを表す重要な意味を持っています。現代でも様々な言葉で使われており、奥深い漢字と言えるでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-