d6f9432e0e8e4936195e65a3f29b45ee e1714136465191 - 祇(示氏)とは?祇(示氏)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

祇(示氏)とは?祇(示氏)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

祇(ぎ):神道の神々を敬う心

祇(示氏)とは?

「祇」は、主に神道の神々を敬う心や、神聖な場所や儀式を表す漢字です。古くは「神」と同じ意味で使われていましたが、後に地上や自然の神々を指すようになりました。現代では、神社やお寺などの宗教施設や、神聖な儀式などを指す言葉として使われます。

祇(示氏)の読み方(音読みと訓読み)

  • 音読み:ギ
  • 訓読み:つつしむ、うやまう

祇(示氏)の意味

  • 神道の神々を敬う心
  • 神聖な場所や儀式
  • 土地や自然の神々

祇(示氏)の成り立ち

「祇」は、形声文字で構成されています。

  • 示(しめす):神を表す部首
  • 氏(し):音符

「示」と「氏」を組み合わせることで、「神々を敬う」という意味を表しています。

祇(示氏)が使われている言葉一覧

  • 神祇(しんぎ):神道における神々
  • 祇園(ぎおん):京都にある花街
  • 祇園祭(ぎおんまつり):京都で行われる有名な祭り
  • 祇園精舎(ぎおんしょうじゃ):釈迦が入滅したとされる場所
  • 祇園寺(ぎおんじ):京都にある寺院

祇(示氏)を使った例文

  • 神祇を敬い、清らかな心で参拝する。
  • 祇園祭の華やかな山車が街を練り歩く。
  • 祇園精舎の跡地には、静寂と厳かな雰囲気が漂っている。
  • 祇園寺は、古くから多くの人々の信仰を集めている。

祇(示氏)とは?祇(示氏)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も!まとめ

「祇」は、神道の神々を敬う心や、神聖な場所や儀式を表す漢字です。古来より日本の文化の中で重要な役割を果たしてきた漢字であり、現代でも様々な場面で使われています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-