ce0c963db298552ff0cec0bb2f125da0 e1714060020420 - 俯(にんべんに府)とは?俯(にんべんに府)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

俯(にんべんに府)とは?俯(にんべんに府)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

俯(にんべんに府)とは?

俯(にんべんに府)は、日本語の漢字であり、「ふ」と読まれます。この字は、漢字の「人部(にんべん)」と「府」という部首から構成されています。この漢字自体は珍しく、日常生活で頻繁に見かけることは少ないかもしれませんが、漢字文化の深い理解には興味深い一字です。

俯(にんべんに府)の読み方は?

この漢字の読み方は「ふ」となります。ただし、この漢字が使われる環境や文脈によって読み方が異なる可能性があります。しかし、一般的には「ふ」と読むことが多いです。

俯(にんべんに府)の意味は?

「俯」の字には「うつむく」という意味があります。物理的な意味で頭を下げる、視線を下に向けるといった状態を表します。また、比喩的には謙虚な態度や姿勢を示すこともあります。

俯(にんべんに府)の成り立ちは?

この漢字は、「人部(にんべん)」と「府」から成り立っています。人部が漢字の意味に直接的な影響を与え、「人」が関連する動作や状態を示しています。一方で、「府」は通常、都市や地域、管理する機能を意味することが多いですが、この場合は音符としての役割が強いと考えられます。

俯(にんべんに府)を使われている言葉一覧

実際に「俯」が使われている日本語の単語は非常に限られています。特に一般的な用途で使われることは少なく、文学的な表現や古文において見かけることがあります。

俯(にんべんに府)を使った例文

  1. 彼は恥ずかしさからか、俯いてしまった。
  2. 俯く彼女の表情からは、内心の葛藤が感じ取れた。
  3. 面接中、緊張のあまり俯いて答えることが多かった。

この漢字は、表現が限定されているものの、その使用は非常に情感豊かな文脈で活かされることが多いです。言葉のニュアンスや感情を豊かにするために使われることがあります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-