50307c232dad70ef5a2419c634ce5ac8 - 妬(女石)とは?妬(女石)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

妬(女石)とは?妬(女石)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

妬(ねた):嫉妬の心理を深く掘り下げる

は、「ねたむ」と読み、誰かが持つものや成功を羨んだり、妬んだりする複雑な感情を表す漢字です。単に嫉妬心と捉えるだけではなく、妬には様々な側面があり、人間関係や社会にも影響を与える奥深い心理現象と言えるでしょう。

妬(女石)の読み方と意味

  • 音読み: ト、ツ
  • 訓読み: ねたむ、そねむ、つもる、ふさぐ

意味:

  1. 他人の成功や幸福を羨み、嫉妬する気持ち。
  2. 恨みに思うこと。
  3. 根にもつこと。

例文:

  • 彼の才能を妬む気持ちは誰しも持っていた。
  • 彼女の幸せを妬んで、陰口を叩いていた。
  • 長年の恨みを妬んで、復讐を誓った。

妬(女石)の成り立ち

は、女と石(ト)が組み合わさった漢字です。

  • 女: 女性を表し、嫉妬の対象となる人物や状況を暗示します。
  • 石(ト): 価値や希少性を表し、妬まれる対象となるものを象徴します。

つまり、は、女性が持つ嫉妬心だけでなく、価値あるものを巡る争いや葛藤をも意味する漢字と言えるでしょう。

妬(女石)を含む言葉一覧

  • 嫉妬(しっと): 他人の成功や幸福を羨み、妬む気持ち。
  • 妬心(ねたみごころ): 妬む気持ち。
  • 妬視(ねたみみ): 妬んで見る。
  • 妬婦(ねたむふ): 妬む女。
  • 妬忌(ねたき): 妬み、恨む。
  • 妬悪(ねたあく): 妬んで悪しむ。
  • 妬恨(ねたうらみ): 妬んで恨む。
  • 妬羨(ねたせん): 妬んで羨む。
  • 妬忌猜疑(ねたきさいぎ): 妬み、疑い、猜疑心を持つ。

妬(女石)を使った例文

  • 彼の才能を妬んで、様々な妨害工作をした。
  • 彼女の美貌を妬んで、悪口を言っていた。
  • 会社での昇進を妬んで、同僚から陰口を叩かれていた。
  • 隣の芝生は青く見える。人はつい他人と自分を比べて妬んでしまうものだ。
  • 妬みは人を盲目にする。冷静さを失い、取り返しのつかない行動を取ってしまうこともある。

妬(女石)とは?妬(女石)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も,まとめ

は、単なる嫉妬心ではなく、人間関係や社会にも影響を与える複雑な心理現象です。妬の成り立ちや意味を理解することで、自身の感情と向き合い、より良い人間関係を築くヒントとなるでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-