0c8b516df9da3a386537a1d89cc0026e - 籠(竹龍)とは?籠(竹龍)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

籠(竹龍)とは?籠(竹龍)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

籠(竹龍)とは?

籠(かご)とは、竹や柳などの素材を編み込んで作られる容器のことです。主に物を入れたり、運んだりするために使われます。その構造は開口部が広がっており、多くの場合、持ち手がついていることが特徴です。

籠(竹龍)読み方

籠の読み方には、音読みとして「ロウ」があり、訓読みでは「かご」と読まれます。また、同じ漢字で「こ」と読むこともあります。

籠(竹龍)意味は?

籠の意味は、主に以下の三つに大別されます:

  1. 物を入れて運ぶための容器としての意味。
  2. 「籠もる」という動詞で、何かに集中するために外の世界から隔離される状態を指す。
  3. 転じて、何かに深く関わることを表すために使われることもあります。

籠(竹龍)成り立ち

「籠」の字は、簡易的な家や小屋を意味する「舎」と、木を意味する「木」の組み合わせから成り立っています。これが象形的にかつての籠や小屋を表しているとされています。

籠(竹龍)つかわている言葉一覧

  • 籠もる(こもる):何かに没頭するために、他から隔離すること。
  • 籠手(こて):手を保護するための装具。特に武道で使用される。
  • 籠城(ろうじょう):敵から身を守るために城に閉じこもること。
  • 籠絡(ろうらく):誘い込むこと。他人を巧みに操ること。

籠(竹龍)を使った例文

  1. かごの中に新鮮な野菜をたくさん入れた。
  2. 彼は研究に籠もり、数日間外出しなかった。
  3. 篭城戦は長期間にわたり、両軍ともに大きな損害を受けた。

これらの例文からも分かるように、「籠」はその使い方によって、具体的な物から抽象的な概念まで幅広く表現される言葉です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-