93ceb8e71457684a3f6641ddc32c70ea - 橡(木へんに象)とは?橡(木へんに象)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

橡(木へんに象)とは?橡(木へんに象)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

「橡(トチ)」

音読みと訓読み

  • 音読み: ショウ
  • 訓読み: とち、つるばみ、くぬぎ

成り立ち

この漢字は、「木」(木へん)と「象」を組み合わせた形で、「木へんに象」と構成されています。この組み合わせは、大きな木や堅い木の意味を示していると考えられています。

漢字構成

  • 部首: 木(きへん)
  • 構成: 象(ぞう、しょう)と木(もく、ぼく)

発音

  • 発音: ショウ、とち、つるばみ、くぬぎ

意味

「橡」は、トチノキ(栃の木)を指す言葉として使われることが多いです。栃の木は、その堅い木質から様々な用途で利用されます。

言葉一覧

  • 栃の木(とちのき): トチノキの別称。
  • 橡葉(とちば): トチノキの葉。

例文

  1. その公園には古いが何本も立っている。
  2. の実を拾って、工芸品を作るのが趣味だ。

この漢字は、日本の自然や文化に関連する美しい言葉を形成しています。それぞれの用例や言葉が、漢字「橡」の魅力を伝えてくれるでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-