5ee402f3a7ec3fc39a514021687eb665 - 蔦(草冠に鳥)とは?蔦(草冠に鳥)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

蔦(草冠に鳥)とは?蔦(草冠に鳥)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

「蔦」

音読み、訓読み

  • 音読み: チョウ(cho)
  • 訓読み: つた(tsuta)

成り立ち

「蔦」は、草冠(艸・艹)と鳥から成り立っています。草冠は植物を示し、鳥は「蔦」の特徴である鳥のような形状を連想させます。蔦は他の物に絡みついて伸びる植物で、その形状が鳥の動きに似ているとされます。

漢字構成

  • 草冠:艹(植物を示す部首)
  • :鳥(鳥を示す部首)

発音

  • 音読み: チョウ(cho)
  • 訓読み: つた(tsuta)

意味

「蔦」は、他の物に絡みついて伸びる植物、特にツタ科の植物を指します。また、比喩的に、絡みつくような関係や依存することを示す場合もあります。

言葉一覧

  1. 蔦(つた): 植物のツタ。
  2. 蔦模様(つたもよう): ツタのように絡み合った模様。
  3. 蔦絡み(つたがらみ): 何かにしっかりと絡みつくこと。

例文

  1. 蔦が壁を覆っている
    • 意味: ツタが壁全体に広がっている様子を示しています。
  2. 古い家の蔦が魅力的です
    • 意味: 古い家に絡みついたツタが風情を感じさせるという意味です。
  3. 庭に蔦を植えました
    • 意味: 庭にツタの植物を植えたことを示しています。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-