cbcad61e87918889c419d1f90c88ed45 - 椿(木へんに春)とは?椿(木へんに春)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

椿(木へんに春)とは?椿(木へんに春)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

「椿(つばき)」

椿(つばき)は、日本や中国で親しまれている植物の名前で、その美しい花は多くの文化や芸術で描かれています。以下に詳細を説明します。

音読み・訓読み:

  • 音読み:チン
  • 訓読み:つばき

成り立ち・漢字構成:

  • 「椿」の漢字構成は「木」と「春」から成り立ちます。植物に関連することを示す「木へん」と、季節の「春」が組み合わさり、春の季節に咲く花を象徴しています。

発音:

  • つばき(tsubaki)

意味:

  • 椿は、常緑樹の植物で、その花は早春に咲き、鮮やかな赤色が特徴的です。日本では庭園で広く栽培され、「山茶花」や「カメリア」とも関連があります。花言葉には「誇り」「気取らない美しさ」などがあります。

言葉一覧:

  • 椿油(つばきあぶら):椿の実からとれる油。
  • 椿寿(ちんじゅ):長寿や繁栄を表す言葉。
  • 椿寒桜(つばきかんざくら):椿と桜の交配種。

例文:

  1. 庭に咲いた椿が美しい。
  2. 椿油は古くからヘアケアに使われてきた。
  3. 椿の花言葉は「誇り」や「気取らない美しさ」。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-