2e66010754e65488a3a997450a6ac52a - 董(草冠に重)とは?董(草冠に重)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

董(草冠に重)とは?董(草冠に重)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

「董」

漢字構成

「董」は「草冠(くさかんむり)」に「重(おもい)」が組み合わさった漢字です。

音読み

  • トウ (tō)

訓読み

  • ただす (tadasu)

成り立ち

「董」という漢字は、古代中国の文字であり、その成り立ちは次のように説明されます。「草冠」は植物や草を意味し、「重」は重ねる、重なるという意味を持ちます。合わせて、「董」は植物が重なり合う様子や、何かを正す、管理する意味を含むようになりました。

発音

  • 音読み:トウ (tō)
  • 訓読み:ただす (tadasu)

意味

  1. 正す、正しい方向に導く。
  2. 管理する、取り締まる。
  3. 名字としても使われます。

言葉一覧

  • 董監(とうかん):監督し、取り締まること。
  • 董理(とうり):正しく導くこと、管理すること。

例文

  1. 彼はそのプロジェクトを董する責任者だ。
    (彼はそのプロジェクトを管理する責任者だ。)
  2. 不正を董し、正しい行いを促すべきだ。
    (不正を正し、正しい行いを促すべきだ。)

このように「董」という漢字は、正す、管理するという意味を持ち、古くから用いられてきた漢字です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-