b9c55b52fcad9562fa2c14f7f88107e1 - 栖(木へんに西)とは?栖(木へんに西)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

栖(木へんに西)とは?栖(木へんに西)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

「栖(木偏に西)」

1. 栖の音読み・訓読み

  • 音読み:セイ
  • 訓読み:すみか

2. 栖の成り立ち

  • 漢字構成
    「木偏(きへん)」+「西」
  • 象形
    「木」は樹木、「西」は方向を示す象形文字です。
    木に西方の隠れ家を組み合わせることで、動物や鳥の住処を示します。

3. 発音

  • 音読み:セイ
  • 訓読み:すみか(長音:すみかー)

4. 意味

  1. 住処(すみか)
    動物や鳥、人の住む場所を指します。
  2. 例文
    • 動物の栖:「狐の栖は森の奥にあった。」
    • 鳥の栖:「燕の栖が軒下に見えた。」
    • 人の住処:「彼女は長年、山中の小さな家を栖にしていた。」

5. 栖を使った言葉一覧

  1. 栖む(すむ)
  2. 栖息(せいそく)
    • 意味:生物が特定の地域に住むこと。
    • 例文:「この森には多くの動物が栖息している。」
  3. 栖居(せいきょ)
    • 意味:居住する、住む。
    • 例文:「彼は都会を離れ、山中で栖居している。」
  4. 栖巣(せいそう)
    • 意味:鳥や動物の巣。
    • 例文:「森の中で狐の栖巣を見つけた。」
  5. 意味:動物や人が住む、巣にする。
  6. 例文:「野鳥がこの森に棲む。」

6. 例文

  • 「人間が自然と共生するための栖を探し求めた。」
  • 「ツバメの栖を見守りながら、春の訪れを感じる。」
  • 「彼は都会の喧騒を避けて、山間の静かな場所に栖を見つけた。」
  • 「狐の栖がこの山中にあることは、地元の人々に知られていた。」

このように「栖」という漢字は、動物や鳥、人の住処を示し、さまざまな言葉で使われています。ブログ記事で解説する際は、成り立ちや意味に加えて、日常的な言葉と例文を交えると読みやすい記事になります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-