166747d326206574ad5237e248382b7b - 沃(さんずいに天)とは?沃(さんずいに天)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

沃(さんずいに天)とは?沃(さんずいに天)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

音読み

ヨク

訓読み

そそ(ぐ)

成り立ち

「沃」という漢字は、さんずいに「夭(おう)」が組み合わさってできています。「夭」は若くして死ぬことを意味しますが、水と組み合わせることで、豊かさや肥沃さを表現するようになりました。

漢字構成

さんずいに夭

発音

ヨク

意味

  1. 肥沃(ひよく) - 土地が栄養豊かで作物がよく育つこと。
  2. そそぐ - 液体を注ぐこと。

言葉一覧

  • 沃土(よくど) - 肥えた土地。
  • 沃野(よくや) - 肥沃な野原。
  • 潤沢(じゅんたく) - 十分にあること、豊富であること。

例文

  1. 沃土:この地域は沃土が広がり、農業に適している。
  2. 沃野:広大な沃野が広がるこの場所では、様々な作物が栽培されている。
  3. 潤沢:彼の資金は潤沢で、新しいプロジェクトに投資することができる。

「沃」という漢字は、主に土地や資源が豊かであることを表す際に使われることが多いです。また、日常生活の中ではあまり見かけることのない漢字ですが、専門用語や文学作品などで目にすることがあります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-