912922add09083ea39add5e123718f1a - 洙(さんずいに朱)とは?洙(さんずいに朱)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

洙(さんずいに朱)とは?洙(さんずいに朱)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

洙の音読みと訓読み

  • 音読み: ス、シュ
  • 訓読み: なし

洙の成り立ち

洙という漢字は、「さんずい(水を意味する部首)」と「朱(主に赤い色を表す漢字)」から構成されています。これは元々、水の色が朱色に見える様子や特定の赤色を帯びた水域を指す言葉として用いられたことに由来します。

洙の漢字構成

この漢字は、左側に「さんずい(水の部首)」を持ち、右側に「朱」が配置されています。この構造は、水に関連する何か、特に色に特徴があるものを意味していることを示唆しています。

洙の発音

  • 発音: ス、シュ

洙の意味

洙は特に具体的な普遍的な意味を持つ漢字ではなく、用途によって異なる場所や文脈で使われることがあります。一般的には、水に関連する名前や地名に使用されることが多いです。

洙を含む言葉一覧

洙という漢字は日本語の常用漢字表には含まれていないため、日常生活で広く使われる言葉はほとんどありません。一部の地名や固有名詞に限られることが多いです。

洙を使った例文

  • 「彼女は洙波(すは)川のほとりを散歩した。」
  • 「洙川はその地域において非常に重要な水源である。」
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-