dff8802de73669af6c39a46b704390ea - 洞(さんずいに同)とは?洞(さんずいに同)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

洞(さんずいに同)とは?洞(さんずいに同)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

洞の音読み

音読みは「ドウ」です。

洞の訓読み

訓読みは「ほら」「うつろ」です。

洞の成り立ち

「洞」という漢字は、「さんずい」(水を表す)と「同」(同じを表す)から成り立っています。元々は水が集まる場所や同じような形の空間を表していました。

漢字構成

「洞」は「さんずい(氵)」と「同」から成ります。「さんずい」は水を、「同」は同じや共通の意味を持ちます。

発音

  • 音読み: ドウ
  • 訓読み: ほら、うつろ

洞の意味

  1. 自然にできた穴や空洞。例:「洞窟」
  2. 物事の内部や奥深い部分。例:「洞察」

洞を使った言葉一覧

  1. 洞窟(どうくつ)
  2. 洞察(どうさつ)
  3. 洞穴(ほらあな)
  4. 洞天(どうてん)
  5. 洞府(どうふ)

例文

  1. 洞窟を探検するのは非常に冒険的な体験です。
  2. 彼の洞察力は非常に鋭い。
  3. その山には多くの洞穴があります。

このように、「洞」という漢字は自然の空洞から深い洞察まで、さまざまな意味を持つ漢字です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-