780ea818a24497d1211a9a1ebd58191d - 澗(さんずいに間)とは?澗(さんずいに間)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

澗(さんずいに間)とは?澗(さんずいに間)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

澗の音読みと訓読み

澗の音読みは「カン」と読みます。訓読みは少し珍しいですが、「たに」と読むことがあります。

澗の成り立ち

この漢字は、「さんずい」(水を表す部首)と「間」(あいだ、ま)から成り立っています。これにより、澗は元々「水の間を流れる狭い川や谷」を意味するようになりました。

澗の漢字構成

「澗」の漢字は、水を意味する部首「さんずい」と、空間や間隔を示す「間」の字を組み合わせて構成されています。これは、「間」の中を水が流れる様子を象徴しています。

澗の発音

澗の標準的な発音は「カン」となります。訓読みで「たに」と読む場合もありますが、この読み方はあまり一般的ではありません。

澗の意味

澗は「山間の小さな川」や「深い谷間に流れる小川」を指します。また、比喩的には「隠れたり秘められた美しさ」などの意味で使われることもあります。

澗を使った言葉一覧

  • 山澗(さんかん): 山間の小川。
  • 澗声(かんせい): 渓流の音。
  • 澗谷(かんこく): 深い谷。

澗を使った例文

  1. 山澗のせせらぎが耳に心地よかった。
  2. 澗の中を石が転がり落ちる音がする。
  3. 彼は澗谷を訪れるたびに、自然の美しさに感動していた。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-