5901bacf6cadc998ed96cd97b8fc1e9d - 蒔(草冠に時)とは?蒔(草冠に時)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

蒔(草冠に時)とは?蒔(草冠に時)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

音読み:

訓読み:

  • まく

成り立ち:

「蒔」という漢字は、草冠(艸部)に「時」を組み合わせた形です。草冠は植物に関することを示し、「時」は時間やタイミングを示します。これが合わさって、種をまくタイミングを意味するようになりました。

漢字構成:

  • 草冠(艸部)
  • 「時」(とき)

発音:

  • シ(音読み)
  • まく(訓読み)

意味:

  1. 種をまく:植物の種を地面に散らす行為。
  2. 広く撒き散らす:何かを広く散布すること。

言葉一覧:

  1. 蒔く(まく):種をまくこと。
  2. 蒔絵(まきえ):漆器の装飾技法の一つで、金や銀の粉を使って絵を描く技法。
  3. 蒔田(まきた):地名や姓の一部として使われることがある。

例文:

  1. 彼は春になると畑に野菜の種を蒔く。
  2. 祖父は伝統的な蒔絵の技法を学んだ。
  3. 今年の稲の蒔き時を見計らっている。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-