4131182542ccc0db8351177aeb775981 - 徠(ぎょうにんべんに来る)とは?徠(ぎょうにんべんに来る)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

徠(ぎょうにんべんに来る)とは?徠(ぎょうにんべんに来る)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

「徠」

  • 音読み:
    音読みは「ライ」です。

  • 訓読み:
    訓読みは「きた(る)」「く(る)」です。

  • 成り立ち:
    「徠」という漢字は、行人偏(ぎょうにんべん)と「来」から構成されます。行人偏は「行く」、「来る」という意味を持ち、「来」は「来る」の意味を持つため、全体で「来る」「訪れる」という意味を形成しています。

  • 漢字構成:
    行人偏(ぎょうにんべん)に「来」で構成されています。

  • 発音:
    日本語での発音は「らい」「きたる」「くる」です。

  • 意味:
    「来る」「訪れる」という意味があります。

  • 言葉一覧:

    • 招徠(しょうらい): 人を誘い込むこと。
    • 迎徠(げいらい): 迎え入れること。
  • 例文:

    • 「遠方から客を招徠する。」
    • 「新しい文化を迎徠する。」

「徠」は日常生活ではあまり見かけない漢字ですが、熟語の中で使われることが多いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-