be6b0c5999ff024b99b312b4d859eff0 - 萱(草冠に宣)とは?萱(草冠に宣)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

萱(草冠に宣)とは?萱(草冠に宣)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

萱(かや)

音読み・訓読み

  • 音読み: ケン
  • 訓読み: かや

成り立ち

漢字の成り立ちは、象形文字の一種であり、草冠に「宣」が付くことで、植物の一種を表しています。「萱」は古くから日本で使われている漢字で、特に草本植物を指す際に使用されます。

漢字構成

  • 部首: 艹(草冠)
  • 画数: 15画(草冠3画 + 宣12画)

発音

  • 音読み: ケン (Ken)
  • 訓読み: かや (Kaya)

意味

  • 植物: 主に日本に自生する草本植物の一種で、茅(かや)とも書かれます。
  • 建材: 屋根材としても利用され、茅葺き屋根(かやぶきやね)などの言葉があります。

言葉一覧

  • 茅葺き屋根(かやぶきやね): 萱を使って葺いた屋根。
  • 萱草(けんそう、かんぞう): 萱の一種で、観賞用や薬用に用いられる植物。
  • 萱野(かやの): 萱が生い茂る野原。

例文

  1. 茅葺き屋根の家は、伝統的な日本の風景の一部です。
  2. 萱草は、夏に美しい花を咲かせます。
  3. 田舎の萱野で、子供たちが遊んでいる。

このように「萱」は、特に植物や建材としての意味で用いられる漢字です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-