81707135987c5132c82534f59fac657f - 苅(草冠に刈)とは?苅(草冠に刈)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

苅(草冠に刈)とは?苅(草冠に刈)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

苅(かり)

音読み・訓読み

  • 音読み: ガイ
  • 訓読み: かる

成り立ち

「苅」は「草冠(くさかんむり)」と「刈(かり)」から成り立っています。草冠は草や植物に関連する意味を持ち、「刈」は刃物を使って草木を切ることを示します。この組み合わせにより、草や植物を刈ることを表現しています。

漢字構成

  • 部首: 艹(草冠)
  • 構成: 苅(草冠に刈)

発音

  • かり(kari)

意味

  1. 草や穀物などを刃物で切り取ること。
  2. 収穫すること。
  3. 狩り(かり)と同音であり、狩猟を意味する場合もある。

言葉一覧

  1. 苅り入れ(かりいれ) - 収穫すること。
  2. 苅り穂(かりほ) - 刈り取った稲の穂。
  3. 草苅(くさかり) - 草を刈ること。
  4. 苅り草(かりくさ) - 刈り取った草。

例文

  1. 秋には稲を苅り入れる。
  2. 彼は毎年、畑で草苅をしている。
  3. 昔の農村では、手で稲を苅るのが一般的だった。
  4. 収穫の時期が来たので、田んぼの稲を苅り始めた。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-