153e7a6cffca609ce71c732f4bbdef96 - 蕪(草冠に無)とは?蕪(草冠に無)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

蕪(草冠に無)とは?蕪(草冠に無)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

「蕪」

1. 音読み

2. 訓読み

  • かぶ

3. 成り立ち

「蕪」という漢字は、「草冠(くさかんむり)」と「無(ム)」から成り立っています。草冠は植物に関する意味を持ち、「無」はここでは音を表す部分として使われています。

4. 漢字構成

  • 草冠(くさかんむり): 植物に関連することを示します。
  • (ム): 音を示す部分で、音読みの「ブ」を表します。

5. 発音

  • かぶ(訓読み)
  • (音読み)

6. 意味

  • : アブラナ科の植物で、根を食用とするもの。特に根を太らせたものを指し、食用や薬用として利用されます。

7. 言葉一覧

  • : かぶ(植物名)
  • 蕪菜(かぶな): 蕪の葉を食用とするもの
  • 蕪漬け(かぶづけ): 蕪を塩漬けや酢漬けにしたもの

8. 例文

  • 冬になると、が甘くて美味しくなります。
  • 彼女は自家製の蕪漬けを作るのが得意です。
  • 昔から日本ではを使った料理が多くあります。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-