5b0701ce0f92d0b7b5914c5401b80b23 - 樺(木へんに華)とは?樺(木へんに華)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

樺(木へんに華)とは?樺(木へんに華)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

「樺(かば)」

音読み

  • 音読み:カ

訓読み

  • 訓読み:かば

成り立ち

「樺」という漢字は、形声文字で、意味を持つ「木」と音を表す「華」の組み合わせで構成されています。「木」は樹木に関することを示し、「華」は「はなやか」を意味する音を表します。この組み合わせによって、「樺」という木を示すようになりました。

漢字構成

「木」偏に「華」で構成されています。

発音

  • 音読み:カ
  • 訓読み:かば

意味

「樺」は樹木の一種で、白樺(しらかば)などがその代表例です。カバノキ科に属し、樹皮が白いことが特徴です。

言葉一覧

  • 樺太(からふと):サハリンの日本語名
  • 樺材(かざい):樺の木材

例文

  1. 白樺の木立が広がる高原の風景はとても美しい。
  2. 彼は樺材で作った椅子を大切にしている。
  3. 樺太での生活は彼にとって思い出深いものだった。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-