81a84161bf4badbf184e8f6a3c18bd9a - 荊(草冠に刑)とは?荊(草冠に刑)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

荊(草冠に刑)とは?荊(草冠に刑)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

荊(けい)

音読み: けい (kei)


訓読み: いばら (ibara)


成り立ち: 「荊」は草冠に「刑」が付き、草の一種であるいばらを示す漢字です。「刑」はもともと刃物で切ることを意味し、ここでは鋭い棘(とげ)を持つ植物を象徴しています。

漢字構成: 荊 (草冠 + 刑)

発音:

  • 音読み: けい (kei)
  • 訓読み: いばら (ibara)

意味:

  1. いばら(棘のある低木)
  2. 困難や苦しみを象徴する言葉

言葉一覧:

  • 荊棘(けいきょく): いばらや棘のある植物。転じて、困難や障害を意味する。
  • 荊妻(けいさい): 古代中国で、妻を指す言葉。特に控えめな妻を意味する。
  • 荊道(けいどう): 困難な道のりや苦境を指す。

例文:

  1. 彼は荊の道を歩んできたが、最終的に成功を収めた。
  2. 荊のような困難に直面しても、諦めずに進むことが大切です。
  3. 庭には荊が生い茂っていて、手入れが必要だ。

荊は古代中国でも使われていた漢字であり、日本語でも同様の意味で使われます。困難や苦労を象徴する言葉として、詩や文学の中でよく見かけることができます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-