3a9051d35773ec84c43c26c9b524b6ba - 仰(にんべんに卯)とは?仰(にんべんに卯)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 未分類

仰(にんべんに卯)とは?仰(にんべんに卯)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

「仰」

1. 音読み・訓読み

  • 音読み: ギョウ(呉音)、コウ(漢音)
  • 訓読み: あお(ぐ)、おお(せ)

2. 成り立ち

「仰」は会意文字で、部首である「人(にんべん)」と、「卬(あおぐ)」の組み合わせで成り立っています。
「卬」は、頭を上げて見上げる姿を表し、「仰」はその動作を示すものです。

3. 漢字構成

  • 部首: 人(にんべん、亻)
  • 画数: 6画
  • 構成要素: 人(にんべん)+ 卬

4. 発音

  • 音読み: ギョウ、コウ
  • 訓読み: あお(ぐ)、おお(せ)

5. 意味

  1. 上を向く、見上げる
    • 例: 天を仰ぐ
  2. 尊敬する
    • 例: 仰ぎ見る
  3. 人に頼む、命令する
    • 例: 指示を仰ぐ

6. 言葉一覧

  1. 仰天(ぎょうてん)
    非常に驚くこと。
    例: 「その光景に仰天した。」

  2. 仰角(ぎょうかく)
    観測対象が基準面より上にあるときの角度。
    例: 「ロケットの仰角を調整する。」

  3. 仰望(ぎょうぼう)
    上を見上げて遠くのものを望むこと、尊敬すること。
    例: 「英雄を仰望する。」

  4. 信仰(しんこう)
    宗教や信念を信じること。
    例: 「彼は深い信仰を持っている。」

  5. 仰ぐ(あおぐ)
    上を見る、尊敬する、指示を求める。
    例: 「星空を仰ぐ」「師匠を仰ぐ」「意見を仰ぐ」

7. 例文

  1. 仰ぐ

    • 「彼は尊敬する先生を仰いで進学先を決めた。」
    • 「天を仰ぎながら祈りを捧げた。」
  2. 仰天

    • 「突然の知らせに仰天した。」
  3. 信仰

    • 「彼は仏教の信仰を深く持っている。」
  4. 仰望

    • 「古代文明の遺跡を仰望する。」
  5. 仰角

    • 「人工衛星の発射時には仰角が重要だ。」
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-未分類
-