1763b37b3d3df8216c58e866940fe162 - 芥(草冠に介)とは?芥(草冠に介)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

芥(草冠に介)とは?芥(草冠に介)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

芥(かい/あくた)

音読み

  • かい (kai)
  • け(ke)

訓読み

  • あくた (akuta)
  • からし(karasi)

成り立ち

「芥」という漢字は、草冠(艸/艹)と「介」から成り立っています。「介」は「仲介する」や「はさむ」といった意味があります。草冠は植物や草に関連する意味を持ち、全体としては「雑草」や「ごみ」といった意味が派生しています。

漢字構成

  • 草冠(艸/艹)

発音

  • かい (kai)
  • あくた (akuta)

意味

  1. ごみ、くず。
  2. つまらないもの。
  3. 雑草。

言葉一覧

  • 塵芥(じんかい):ごみやくず。
  • 芥川(あくたがわ):川の名前。芥川龍之介という日本の有名な作家もいます。
  • 芥子(からし):からし菜の種子。辛味を持つ。

例文

  1. 「彼の話は芥のようにつまらない。」
    彼の話はごみのようにつまらない、価値のないものだ。
  2. 「庭の芥を掃除する。」
    庭のごみや落ち葉を掃除する。
  3. 「彼は芥川賞を受賞した。」
    彼は日本の文学賞である芥川賞を受賞した。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-