84bf98841d32157b71e3fae615a829a1 - 茜(草冠に西)とは?茜(草冠に西)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

茜(草冠に西)とは?茜(草冠に西)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

茜(あかね)

音読み

せん

訓読み

あかね

成り立ち

「茜」という漢字は、「草冠(艸)」と「西」という部首から成り立っています。茜草は昔から赤い染料として利用されていた植物で、その特性を漢字に表現しています。

漢字構成

  • 草冠(艸): 植物を示す部首
  • 西: 方角を示す部首

発音

  • 音読み:せん
  • 訓読み:あかね

意味

茜は、アカネ科の植物の一種で、その根から赤い染料を取ることができます。この染料は古代から布や衣服の染色に用いられてきました。また、茜色という赤みを帯びた色を表す言葉としても使われます。

言葉一覧

  • 茜色(あかねいろ)
  • 茜空(あかねぞら)
  • 茜雲(あかねぐも)
  • 茜草(あかねぐさ)

例文

  1. 夕焼け空が茜色に染まって美しかった。
  2. 茜色のドレスを着た彼女は、とても華やかだった。
  3. 茜草から染料を取り出して布を染める。
  4. その日の茜雲は特に美しく、写真に収めた。

解説

茜(あかね)は、日本の古典文学や和歌にも頻繁に登場する語で、特に夕焼けや紅葉の美しさを表現する際に使われます。歴史的には、茜草から取れる赤い染料は貴重なものであり、その色は高貴なものとされました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-