7812dc40fa46d759687e1a384ee05565 - 藍(草冠に監)とは?藍(草冠に監)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

広告 漢字

藍(草冠に監)とは?藍(草冠に監)の読み方や意味、成り立ちは?使われている言葉と例文も

藍(あい)

音読み

  • ラン

訓読み

  • あい

成り立ち

「藍」という漢字は、草冠(艹)と「監(カン、みる)」から成り立っています。草冠は植物に関することを示し、「監」は「見る」という意味があります。元々、「藍」は藍草という植物から染料を取ることに由来し、植物を見守り、管理することを意味していると言われています。

漢字構成

  • 草冠(艹)+ 監(カン)

発音

  • 音読み:ラン
  • 訓読み:あい

意味

  1. 藍草(あいくさ):藍染めの原料となる植物。
  2. 藍色(あいいろ):濃い青色。藍染めに使われる色。

言葉一覧

  • 藍色(あいいろ):濃い青色。
  • 藍染め(あいぞめ):藍草を用いて染める技法。
  • 藍玉(あいぎょく):藍草から作られる染料の塊。
  • 藍地(あいじ):藍色に染めた布地。
  • 藍師(あいし):藍染めを専門とする職人。

例文

  1. 藍染めの技術は古くから日本で伝えられてきました。
  2. 彼女は藍色の着物を着て、伝統的な美しさを引き立てました。
  3. 藍玉は昔から貴重な染料として取引されてきました。
  4. 藍師が手作業で染めた布は、独特の風合いがあります。
  5. 藍地の布は、涼しげで夏にぴったりです。

このように、「藍」は日本の文化や工芸に深く根付いた漢字であり、その美しい青色は多くの人々に愛されています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

うなむ

どもっ!現役、整形外科クリニックで勤務している理学療法士の「うなむ」です。 昔も今もヒーロー願望がありまして、そのヒーロー願望がゆえに、整形外科的な痛みで苦しんでいる人を助けたい!と思いこのサイトを立ち上げました。あなたの痛みが少しでも軽くなって、このサイトがきっかけに、あなたらしい日々を送っていただけたら幸いです!

-漢字
-